脂肪肝になっていませんか?

サプリメント

みなさん、脂肪肝って知っていますか?
最近ではネット上のジョークで肝臓がフォアグラ化してるなんて言われているアレです。
しかしその症状はもはやジョークとは呼べず憂慮すべき状態になっていると思ってください。

 

まず脂肪肝とは?というところですが、基本的に暴飲暴食が祟って肝臓に中性脂肪、コレステロールが溜まってしまい肝臓自体が肥満状態(これを指して肝臓がフォアグラ化などと呼ばれます)になってしまったものです。

 

この状態の肝臓は動脈硬化その他の色々な症状を引き起こし、いわゆる生活習慣病にかかる可能性が高くなります。

 

特に脂肪肝になりやすいのは30〜40代を中心とした中年世代からとなっている調査結果があります。

 

今この記事を読んでいる方でこの年代という方は気をつけたほうがいいかもしれません。

 

 

放置厳禁!脂肪肝はこんなに危険!

 

医者

脂肪肝の怖い所は症状が出ても自覚がないという点です。

このため普段体になんともないと思っていても実際は症状が進行している状態になっており、気がついた時には体はボロボロになっていたということも少なくはありません。

 

脂肪肝の初期症状にはこのようなものがあります。

 

○怠惰感

 

○食欲が出ない、吐き気がする

 

○お酒を飲む量が減る

 

○尿の色が普段より濃い

 

○白目が黄色っぽくなる。

 

○大便が白っぽくなる

 

症状を見てみるとわかりますが大体の症状が「風邪かな?」「ちょっと体調が悪いかな?」と思ってしまう程度のものばかりで少し様子見しようとしてしまうようなものばかりです。

 

実際には自覚症状があった時点でかなり脂肪肝は進行している事が予想されます。

 

脂肪肝には2つのパターンが有り、お酒の飲み過ぎによるアルコール性脂肪肝と食べ過ぎによる非アルコール性脂肪肝があります。

 

どちらの場合も拘置していると脂肪性肝炎にかかり、症状が進行していくと肝硬変となり最終的には肝臓ガンになっていきます。
(昔は非アルコール性の場合は脂肪性肝炎にならないと言われていましたが最新の研究で非アルコール性でも脂肪性肝炎にかかるということが判明しています。)

 

何よりも恐ろしいのはこれだけの症状が自覚症状もなく進行していくというのがとても恐ろしいところです。

 

 

脂肪肝を治すには?食事療法と運動だけでは難しい?

 

医者

脂肪肝の恐ろしさはわかっていただけたと思います。

ではこの脂肪肝、どうしたら治せるのでしょうか?

 

脂肪肝になってしまった、なるのが不安という方はここからが大事ですよ。

 

アルコール性の場合も、非アルコール性の場合でも脂肪性肝炎にかかる前や初期段階の時までが勝負となります。

 

アルコール性の場合はアルコール自体を減らす、つまり禁酒をすることで症状は収まっていきます。
ともかく肝臓を休ませることが重要となります。

 

非アルコール性の場合も同じく症状が進行する前にカロリー制限を行ったり運動を行うことにより肥満の解消をすることで肝臓の脂肪も減らすことが出来ます。

 

しかし、自覚症状に気がついているということは症状はすでにかなり進行している場合も多く上記の対応は時間が結構かかります。
そして厳しいことを、失礼なことを言うようですが脂肪肝の原因とは往々にして暴飲暴食、つまり自己管理が出来ていない人の結果です。

 

今、脂肪肝になっているあなたは「これから完全禁酒・食事制限・毎日の運動」というものを素直に許容、実行できる自信はありますか?

 

おそらくは無理でしょう。
何より恥ずかしながら記事を書いている私ができていません。

 

ちょっとお酒を減らして、食事を少し低カロリーにして、軽く運動。
そして他の何かで脂肪肝を改善させるいい方法。そんなものはなにかないだろうか?
こんな考えに陥るはずです。
そしてそんな方法を探してみなさんインターネットを巡っているのでしょう。

 

ありますよ。そんないい方法!
それがサプリメントを使った脂肪肝に効く肝臓改善法です!

 

 

おすすめの脂肪肝に効くサプリは?

 

レバリズム-L

レバリズム

牡蠣、しじみをはじめとした天然の素材をたっぷり使ったサプリメントです。

弱ってしまった肝臓によく効く成分を濃縮しています。

 

タウリン、オルチニンをメインとして新陳代謝を良くさせるスクワレンも同時に摂取できます。

 

他にもビタミンB2、Eやシスチンなども配合し、摂取が可能です。

 

肝パワーEプラス

肝パワーEプラス

お酒の飲み過ぎた翌日の二日酔いに特に効果的で、さらに健康維持に効果を発揮する色々な栄養素を配合したサプリメントです。

 

他のサプリメントと大きく違うのは主成分ににんにくを採用している点で、さらに牡蠣や南高梅を主原料としています。

 

これらにより健康維持力、精力維持がとても強いサプリメントとなっています。

 

しじみ習慣

シジミ習慣

肝臓障害の予防、内蔵脂肪対策、アルコール分解の促進、鉄分の補給などなど様々な効果を発揮するサプリメントです。

 

天然素材のしじみにこだわり、アミノ酸、カルシウム、鉄分、各種ビタミン、グリコーゲンなどをしっかり摂取できます。

 

お酒を楽しく飲みたい方、日々の生活を元気いっぱいに過ごしたい方におすすめです。

 

協和発酵バイオのオルニチン

オルチニン

日々のやる気がでない、けだるさが抜けないという方の力になる改善力を持ったサプリメントです。

 

1粒にシジミ300個分のオルチニンを凝縮しているため、毎朝起きるのがツライという方に効果的です。

 

また、オルチニンは肝臓の健康を保つ上でタウリンと同時に重要となる栄養素です。

 

海乳EX

海乳

ミネラルやタウリンが豊富な、海のミルクとも呼び名が高い牡蠣をたっぷり使用したサプリメントです。

現代の食事では不足しやすいアミノ酸やミネラル、ビタミンやグリコーゲンといった不可欠な栄養素もしっかりと補給できます。

 

肝臓の機能改善に効くタウリンはもちろん、その他の栄養素により日々のやる気向上、薄毛改善、元気が出ない方や精力不振といった方にも大きな効果が期待できます。

 

 

脂肪肝改善に必要な栄養分

 

脂肪肝に効くサプリメントを選ぶには脂肪肝を改善するにはどのような栄養成分が必要なのかを知る必要があります。

 

○タウリン

 

まずはこの成分が一番大事になります。
タウリンには壊れた肝細胞の修復や炎症を抑える効果があります。
その他血圧を下げ、血中コレステロールを減らし、動脈硬化や脳卒中の予防に大きな効果をもたらします。

 

○オルチニン

 

疲労回復や二日酔い防止に効果があるとされています。
脂肪肝の場合、この二日酔いに効く効果の恩恵をうけることになります。
栄養の代謝やアルコールなどの毒素の分解作用を助ける効果があります。

 

タウリンと似た効果を持つオルチニンですがタウリンが間接的に肝臓に働きかけるのに対してオルチニンは内部的、直接的に働きかけます。

 

○シスチン

 

シスチンはアミノ酸の一種で、肝臓の代謝促進に必要となる重要な栄養分です。
生命維持に絶対的に必要となるグルタチオンを構成するのに不可欠な要素のひとつです。

 

○必須アミノ酸

 

人体には20種類のアミノ酸が必要ですが、この内体内で9つのアミノ酸は体内で作ることが出来ません。
この体内で作ることが出来ないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。

 

当然体外から摂取するしか無いわけですがこれが不足すると人体を正常に保つ頃ができなくなってしまいます。
また必須アミノ酸ではないのこりの11種類アミノ酸も加齢とともに生成量が減っていきます。

 

もちろん肝機能を正常に保つためには必要不可欠な存在です。

 

その他ビタミンEやビタミンB2が肝臓の働きをサポートしてくれる重要な栄養素となっています。

 

 

海外のサプリメントは危険?

 

医者

普通に考えてサプリメントを選ぶ場合、上皮必要な栄養素だけのサプリメントだけを摂取するだけで良いように思えます。

 

実際海外のサプリメントは各栄養素がメインのサプリメントが発売されています。
しかしこの海外製サプリメントには記載されているものとは違う構成要素のものがあったり摂取すると危険なものが含まれていたりします。

 

こういった海外製のサプリメントを摂取した結果、体調を壊したり最悪死亡に至ったケースもあります。

 

 

国内のサプリメントに問題はないの?

 

基本的に日本国内のサプリメントは厳しい規制基準が施行されているので危険なものはありません。

 

ただ、日本国内のサプリメントは薬事法により単一の栄養素の製造、販売ができないのがネックとなっています。

 

とは言え単一の栄養素以外に含まれている物も体に良い物ばかりなのであまり難しく考える必要はありません。

 

脂肪肝に効果のある栄養素(牡蠣やシジミなどが主成分のものがオススメです。)をメインとしているものをリストアップしてさらに自分に必要がありそうな効果があるものが一緒に取れる物を探してみると良いでしょう。

 

 

サプリメントの肝臓に及ぼす悪影響は?

 

サプリメントの場合、医薬品とは違い病院などで処方を受けるわけではないのでどこでも手軽に買うことが出来てしまいます。

 

脂肪肝に限らず、女性に多いのですが肌のハリを良くする目的でサプリメントを大量に摂取した結果体によくない影響を起こしてしまったという例があります。

 

それほど国内のサプリメントで健康被害の報告があるわけではありませんが女性の場合、ホルモンバランスが崩れてしまい思わぬトラブルが起きてしまったという事例は存在します。

 

 

サプリメントの過剰摂取に要注意

 

サプリメント、今回の場合特にタウリンやオルチニンは脂肪肝、肝臓機能の改善においてはなくてはならない必須栄養素です。

 

しかし必要だからといって過剰に摂取すると逆に体を悪くしてしまう場合があります。

 

タウリンを過剰摂取した場合、肝臓に負担を強いる事になり低血糖を引き起こしたり胃酸の分泌が活発になることにより胃潰瘍になる可能性があります。

 

その他吐き気・下痢・食欲不振を引き起こしてしまうようです。

 

タウリンの1日の推奨摂取量は3000mgと言われています。

 

オルチニンは過剰摂取してもそれほど大きな健康被害を起こすような報告はあまりありません。
しかし体質によっては摂取し過ぎることにより胃痛や下痢になってしまうとも言われています。

 

オルチニンの1日の推奨摂取量は400〜1000mgと言われています。
差がありますが最初は400mgから始めて体調の様子をみて増やしてみるといいでしょう。