脂肪肝を放置していると取り返しのつかない重病にかかってしまいます

肝臓の病気は様々なものがありますがその始まりとなる病気の一つが脂肪肝です。
脂肪肝を発症する要因は様々ですが脂肪肝を放置しているとさらに危険な病気を発症してしまい病気によっては肝臓が元に戻れない場合もあります。

脂肪肝を放置するとかかる病気記事一覧

”肝臓は沈黙の臓器”非常にタフな臓器であることから疾患しても自覚症状がない場合が多くあります。そのため肝臓の病気を患っても気付かずに進行しているなんてことがしばしば。そんな肝臓の病気の代表と言えば脂肪肝ですね。今や現代人の生活習慣病の一つとも言える病気なのでご存知の方も多いと思います。知らないという方のために簡単に説明すると、脂肪肝は肝臓に通常3〜4%程度蓄積されている脂肪が30%以上の状態を指し...

2000年頃から徐々に疾患者が増加し、現在では日本人の生活習慣の一つとも言われている”脂肪肝”。発展すると怖い病気を発症するということを知っていましたか?脂肪肝とは様々な栄養素を生成、アルコールの分解、エネルギーとなる脂肪を蓄える働きのある肝臓に、30%以上の脂肪が蓄積されている状態を指します。主な原因はアルコールや肥満・糖尿病などによるものです。そして脂肪肝は症状が進行すると脂肪性肝炎(ASHや...

皆さんは普段どれくらいお酒を飲まれますか?毎日、週に数回、ほとんど飲まないなど人によりそれぞれですが、いずれにせよ適量の飲酒を心がけることが大切です。そして飲酒により引き起こされる病気の一つである”アルコール性肝炎”。基本的に飲酒によるアルコール性脂肪肝を放置し飲酒を続けると発症するとされています。肝炎と聞くとウイルス性C型肝炎などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、飲酒でも肝炎にかかる可能性は...