MENU

肝臓の状態を知る指標ALTとASTとは?

健康診断を受けたことがある人なら、一度はALT・ASTという文字を目にしたことがあると思います。
これは臓器の、特に肝臓の健康状態を表すものであり血液検査によってこのALT・AST数値が明らかになります。

 

しかし詳しく説明してくれる担当医もなかなかいないので、ALT・ASTとは一体何なのか?疑問に思っている方も多のではないでしょうか。

 

そこで今回はこのALT・ASTとは何かについて紹介します。

 

ALT・ASTとは

 

ALT:アラニンアミノトランスフェラーゼ
AST:アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

 

ALTもASTも私たちの体の中で重要な役割を持った酵素であり、臓器内に広く分布しています。

 

ALTはアラニンと呼ばれるアミノ酸をグルタミン酸に、そしてASTはアスパラギン酸と呼ばれるアミノ酸をグルタミン酸へと変換してくれます。
そしてグルタミン酸とは脳を活性化させたりアンモニアの解毒・排出などの働きをし、タンパク質を構成するという役割まで持っています。
そのためグルタミン酸を生成するALT・ASTは私たちの体に欠かせない重要な酵素であることがわかりますね。

 

ちなみに以前ALTはGPT、ASTはGOTと呼ばれていましたが、現在ではALT/ASTが主流となっています。

 

では、なぜこのALT/ASTの数値が肝臓の健康に関係があるのか?

 

肝臓との関係性

 

まずALTは臓器の中でも特に肝臓の肝細胞に存在しています。
何らかの原因により肝細胞が損傷したり壊死すると、このALTが血液中に流れ出します。
つまりALT数値が高いと肝臓が健康状態を保てなくなっているということなのです。

 

そしてその主な原因とは脂肪肝や脂肪性肝炎などの生活習慣病や、肝硬変、肝臓がんといった肝臓病の末期症状です。

 

次にASTは肝臓だけでなく心臓や骨格筋などにも多く存在しています。
そのため血液中のAST値が高い場合一概に肝臓が悪いとはいえず、心筋梗塞などを疾患している可能性もあります。

 

ALT/ASTは2つセットのようなもので、両方の数値を知ることで肝臓のみならず臓器の健康状態を図ることができるのです。

 

ALT/ASTの基準値

 

ALTの基準値は4〜37IU/(パー・リットル)、そしてASTの基準値は9〜32IU/Lと呼ばれています。

 

ALT/ASTが基準値を超えていると以下のような病気を疾患していう可能性があります。

 

・脂肪肝
・アルコール性肝炎
・非アルコール性脂肪肝
・急性ウイルス肝炎(B型、C型)
・薬剤性肝炎
・肝線維症
・肝硬変
・胆汁性肝硬変
・肝臓がん
・心筋梗塞
・うっ血性心不全

 

γ-GTPとの関係性

 

肝臓の健康状態を図る指標といえばもう一つ、γ-GTPが存在します。
γ-GTPが高い数値をマークしていると主にアルコール摂取による肝臓障害の可能性が高いので、こちらもALT/ASTと合わせて見ることでさらに正確な症状を断定することができます。

 

γ-GTPの詳しい情報はこちら:γ-GTPの数値と脂肪肝の関係性

 

ALT/ASTを下げるには

 

ALT/ASTの数値を下げるには、やはりと言いますか適切な食事と適度な運動が大切です。
そもそもALT/ASTの数値が高いということは内臓脂肪や中性脂肪などが過剰に蓄積されているともとれるので、食事や運動で脂肪を減少させることが主な方法となります。

 

 

 

 

いかがでしょうか?今回は肝臓を中心とした臓器の健康度合いを測るALT/ASTについて紹介しました。
これで次の健康診断はより自分の体について知ることが出来ますね。

 

もしもALT/ASTの数値が高い方は脂肪肝に気を付けてください。
脂肪肝は脂肪性肝炎や肝硬変、肝臓がんにまで発展する病気なので十分に注意しましょう。