脂肪肝とは?

暴飲暴食

皆さんは普段、どれくらい食生活に気を使っていますか?
炭水化物や揚げ物など美味しいものほど内臓に負荷がかかるものばかりなので、普段の食生活を摂生しないと内臓の病気にかかる可能性が一気に増大します。

 

そして日本人がかかりやすい内臓の病気といえば脂肪肝。
脂肪肝は日本人の4人に1人が抱えている病気とされていて、放っておくと様々な病気を併発する非常に怖い病気なんです。

 

しかし脂肪肝と聞いてもどんあ病気なのかピンとこない方が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は脂肪肝とは何か?何が原因でかかる病気なのか?そして脂肪肝が恐れられているワケを紹介していきます。

 

普段偏った食生活をしている方は必読ですよ!

 

肝臓の働きと脂肪肝

 

お医者さん

まずは脂肪肝とは?を知る前に肝臓の働きについておさらいしましょう。

 

肝臓は私たちの体にある右の肋骨に守られるようにして存在しています。
その重量は成人男性でおよそ1.3キロと内臓の中でもトップクラスのサイズ。
それもそのはず、私たちが食べたものは胃や腸で吸収しやすい形へと変えられ、肝臓に送られていきます。そして体に必要な栄養素のほとんどを肝臓で生成します。
つまり肝臓は各内臓の中でも体に栄養を供給する重要な役割を持っているのですね。

 

肝臓は体のエネルギーとなる脂肪を肝細胞に蓄える働きも持っているのですが、蓄えた脂肪を消費しきれずにいると当然肝細胞の中に脂肪はどんどんと溜まっていきます。
そして肝細胞に溜まっていった脂肪が30%に到達すると脂肪肝となってしまうのです。

 

もうお気付きの方もいらっしゃると思います。
そうです、脂肪肝とは現代人が抱える生活習慣病の一つなのです。

 

脂肪肝になる2つの原因

 

肝細胞の中に脂肪が蓄積されていくと脂肪肝になると前述しましたが、直接的な原因としては主に2つ挙げられます。
まず一つは飲酒によるもの。そしてもう一つは食生活の不摂生からなる肥満や糖尿病です。

 

・アルコール性脂肪肝
世界有数の酒好きとしても知られる日本人は、アルコール性脂肪肝に注意しなくてはなりません。
ビールやワインなどのお酒には糖質が多く含まれていますが脂質は含まれていないはず、なのになぜ脂肪肝になってしまうのか?
それは解毒しきれなかったアルコールが肝臓の働きに異常を起こし、脂肪の溜まりやすい肝臓質に変えてしまうからです。
さらにお酒を飲む際はほとんどの人が揚げ物などのおつまみを同時に食すので、まさに火に油をそそぐ状態。
ちなみに毎日日本酒を3合以上(ビール大瓶3つ、ウイスキーダブル3〜4杯に匹敵)飲む人はほとんどが脂肪肝と診断されています。

 

・非アルコール性脂肪肝
非アルコール性脂肪肝とは主に肥満や糖尿病などが原因で起こるものですが、「肥満=脂肪の支出がアンバランス」なので脂肪肝にかかってしまうのは明白ですね。
さらに肥満や糖尿病を抱えている人はインスリンという血糖値を下げる働きのあるホルモンを減少させてしまうため、肝細胞に脂肪を蓄えやすくなりす。
結果、非アルコール性の脂肪肝にかかってしまいうのです。
食文化の欧米化に伴い日本国内でも非アルコール性脂肪肝が年々増加の一途をたどっているようです。

 

 

脂肪肝はなぜ怖いのか

 

お医者さん

まずアルコール性脂肪肝を放置しているとアルコール性脂肪性肝炎(NASH)になります。

アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は飲酒をすることで肝臓に炎症を引き起こしている状態だと考えてください。
そしてそのまま飲酒を続けることにより炎症は悪化し肝細胞を急激に破壊、さらに肝臓の線維化(結合組織の異常増殖)が進み肝臓が正常に機能しなくなります。
これをさらに放置し続けると肝硬化となり、肝がんへと発展していきます。

 

非アルコール脂肪肝を放置しているとアルコール性脂肪肝同様、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)へと発展します。
非アルコール性脂肪性肝炎は進行しない病気と認識されていましたが、近年の研究結果ではアルコール性脂肪性肝炎と同様の病気を併発すると言われています。

 

日本人のがんでトップクラスに入る肝がんのほとんどは、脂肪肝から始るとされているのです。

 

 

普段の食生活が原因でどんな人でもかかる可能性のある病気、脂肪肝。
今や日本人の生活習慣病の一つであり様々な病気を併発する非常に怖い病気だったのです。

 

もしもこの記事を読んで「脂肪肝かも?」と不安になった方は、まず普段の食生活から見直してみてはいかがでしょうか?
脂肪肝は非常に怖い病気ではありますが早期の見直しで十分に改善することが出来ます。

関連ページ

アルコールを飲まなくても脂肪肝になる!
食べ過ぎ飲み過ぎの結果、気が付かない内に忍び寄るのが脂肪肝です。 自覚症状が発生しにくい肝臓を守るためにおすすめのサプリメントをご紹介します。
インスリンと脂肪肝の関係とは?
鉄分の摂りすぎに注意!肝臓の炎症を招く?!
肝臓の危険サイン脂肪肝の症状とは?
脂肪肝の原因はアルコールや糖質