MENU

脂肪肝に効果的な栄養素を紹介

脂肪肝を予防・改善するためには糖質制限で炭水化物の摂取量を減らしたり、適度な運動を行うことが重要と認識している方が多いと思います。
その認識は正解であり、肝臓に蓄積された中性脂肪を効率的に減少させることで予防・改善につながります。
そしてさらにもう一つ、意識することで脂肪肝の予防・改善を助けることがあるのをご存知でしょうか?

 

それは、肝臓機能を回復する効果のある栄養素を摂取することです。

 

単に糖質制限をしたり適度な運動を行うだけでなく、肝臓を元気にしてあげることで脂肪肝の予防・改善はさらに加速します。

 

そこで今回は、脂肪肝の予防・改善に効果的な栄養素をいくつか紹介していきます。

 

タウリン

 

タウリンは私たちの体の中でも生成されているアミノ酸の一種であり、心臓や肝臓などをはじめとした生きていく上で重要な臓器のほとんどに含まれています。
しかし体内で生成できるタウリンは少量であるため、外部からの摂取が必要です。

 

タウリンが肝臓にもたらす主な効果は、アルコールを解毒する酵素の生成、肝細胞の再生、そして肝臓に蓄積された中性脂肪を体外へ排出する働きがあります。
脂肪肝はアルコールの摂取や肥満による中性脂肪の増加が原因なので、タウリンは脂肪肝予防・改善に非常に効果的なのです。

 

≪タウリンが多く含まれている食材≫
・真だこ
・やりいか
・ブリ
・カツオ
・サザエ
・ホタテ
・カキ

 

タウリンは魚介類などに多く含まれているのですが、魚介類には鉄分が豊富な食材も多くあります。
脂肪肝を発症しいてるときは鉄分の過剰摂取で肝臓が炎症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

 

オルニチン

 

オルニチンは主に肝臓でアンモニアの解毒を助けてくれる栄養素です。
飲酒などにより体内に摂取されたアンモニアは体にとって有害な物質であり、オルニチンはこのアンモニアと結合します。
結合することでシトルリンと呼ばれるアミノ酸へ変換され、さらにそのシトルリンがアンモニアと結合することによりアルギニンというアミノ酸に変換されます。
そして最後にアルギニンと水が反応を起こし、オルニチンと尿素が作られます。

 

オルニチンは再びアンモニアの解毒に利用され、尿素は体外へ排出。
このサイクルを「オルニチンサイクル」と呼び、肝臓の重要な機能の一つでもあるのです。

 

さらにオルニチンは肝臓の疲労を回復してくれる効果もあるので、肝臓の健康状態を保つ効果もあります。

 

≪オルニチンが多く含まれている食材≫
・しじみ
・マグロ
・ヒラメ
・チーズ
・パン
・えのき

 

オルニチンは魚介類を始め多くの食材に含まれていますが、一日の目標摂取量は400mg〜1000mg多いので、サプリメントで摂取するのも効果的です。

 

セサミン

 

セサミンには抗酸化作用が強く、活性酵素の抑制を行ってくれる栄養素です。
活性酵素とは強力な殺菌作用を持ち、体内に侵入したウイルスなどを殺傷する働きがあります。
しかし同時に細胞をも傷つけてしまうので、活性酵素が大量に分泌されると肝細胞が酸化し肝機能が低下、中性脂肪を蓄積しやすくなり脂肪肝の原因にもなります。
そのためセサミンを積極的に摂取することで肝臓を常に元気な状態に保つことが出来るのです。

 

≪セサミンが多く含まれている食材≫
実はセサミンを含む食材はほとんどんなく、唯一有名なのがゴマです。
しかしそのゴマも一日の目標摂取量を考えると3000粒も食べなくてはなりません。
そのためセサミンもオルニチン同様にサプリメントなどで効率的に摂取するといいでしょう。

 

 

 

肝臓にいい栄養素は多く存在しますが、その中でもタウリン、オルニチン、セサミンの3つはトップクラスの効果を持ちます。

 

もしも現在脂肪肝の予防・改善に気を配っているのなら、これらの栄養素を積極的に摂取することでより効果的に予防・改善を行うことができるでしょう。